亡き父へ・・・

旦那にも全く語らなかった父の事。
今は色んな意味で前向きに考えられるようになり、
お家でメソメソして居るのではなく、自力で立ち上がれそうになっています。

私の両親は大学へ進学のため渡米しました。
父はフィラデルフィアで大学(美術学部)へ招待され奨学金で卒業。
その後、ニューヨークへ移り、芸術家として活動していました。
病気だった父は今年の2月3日頃に自宅で亡くなりました。
連絡が取れないと心配し、4~5月にニューヨークへ行こうと母と話していた。
でも3月11日午前に以前NYで勤めていた会社の人事へ安置所から連絡がきて
その方が日本本社へ連絡。
そして元上司と連絡はしていたので、知らせてくれました。
3月11日といえば東北地方太平洋沖地震。
私の住む地域でも震度5強でした。
以前記事にも書きましたが、冷静になろうとクレレ達と散歩している時に大地震。
それからは私は平常心を保とうとシャットアウトしてきた感じでした。

結局、異例の領事館の助けを経て父の遺骨が実家に届きました。

父の作品はあまり家にはなくて、
母曰く、残したかった作品を昔に売ってしまったりしてたそうです。

私は父を世に知らせたく、ホームページを作る事にしました。
生きてた頃にずっとやりたかったんだけど、実現しなかった。
それと、母はお葬式の代わりに来年春に展覧会が計画中です。
(場所は代官山の画廊で行われる事は決定しました)
でも作品が手元に無いので、探し回っている状況ですね。
私もその作品らの写真を出来る限り撮って行こうと思います。


そんな中で、父の作品が海外の美術品オークションサイトで見つけました。
1980年前半の作品だと思いますが、
父が立体化した作品を出していた頃のものです。
父曰く当時も反響がすごく、すぐに売れてしまったと。
なので落札するか悩んでいるのでまだ父の名前は出しません。
(安いものではないので)

080611-1.jpg

0806112.jpg


という感じで、まったく犬ブログとは関係ないんですけど
これかも頑張って行こうと思います。


この記事は予約投稿されているものです。




ランキング投票にご協力下さい!
一日に1回有効です! 
是非応援してください、クリック↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ


このブログの現在の順位を見るのには↓
にほんブログ村
*AYA*
Posted by*AYA*